山里に響くジャズコンサート IN かやぶき音楽堂

d0366294_21333600.jpg



まだ中崎町界隈のスナップもあるのですが
せっかくなのでまだ余韻のある昨日の京都行から
ツアーでしたがメインはかやぶき音楽堂でのジャズコンサート
演奏者はボーカル、キーボード、サックスの3奏者
とても熱い素敵なセッションでした


【演奏曲目】

1.レフトアローン
2.セントトーマス
3.不明 (曲目紹介なし)
4.フライミートゥーザムーン
5.こきりこ節ジャズアレンジ
6.LOVE
7.蘇州夜曲
8.涙そうそう
9.シェルプールの雨傘
10.テネシーワルツ
11.上を向いて歩こう

[PR]
Commented by getteng at 2018-07-01 07:27
keikoさん
この中では4・10・11しか知りません。
今日は相当蒸し暑くなりそうです。
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-07-01 10:27
>gettengさん
私もジャズは詳しくないのですが、最初のレフトアローンという曲もお聴きになればきっと耳覚えのある曲だと思います。私がそうでしたから。
6番目のLOVEもナットキングコールの代表曲ですよ♪
これも絶対ご存じのはず(断言)
蘇州夜曲はジャズではありませんが、これもgettengさん世代だときっとご存じの西條八十作詞、服部良一作曲です。
歌いだしが♪君が胸に~抱かれて聞くは~夢の船歌~鳥の歌 水の蘇州の 花散る春を~・・・
いろんな人がカバーしている曲ですね。
涙そうそうは夏川りみさんの大ヒット曲ですよ。
最後の上を向いて歩こうではみんなで合唱して盛り上がりました^^
Commented by blackfacesheep2 at 2018-07-01 14:41
いきなりLeft Aloneから始まるとは・・・
すごいオーダーですね。
St.Thomasあたりから始まるんだったら、ノーマルだと思いますけどね。^^
またボーカル・キーボード・サックスのトリオ、これも珍しい。^^
選曲は・・・ポピュラー寄りなんですね。
それだけに、Left Alone始まりってのが異様に感じました。(;・∀・)
Commented by getteng at 2018-07-02 16:21
keikoさん
L-O-V-Eはキング-・コ-ルの持ち歌、
FLY ME TO THE MOONはヘレン・オコ-ネルのものが好きです。
TENNESSEE WALTZはもともとカントリ-からきておりますね。
老生は学生時代は専らカントリ-を主にジャズ、ハワイアンなどを・・・。
今はクラシカルなものが好きです。
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-07-02 17:17
>黒顔羊さん
お返事が遅くなり申し訳ありません。
レフトアローンはボーカルはなくて、キーボードとサックスの二人での演奏でした。
そんなにすごいことなんですか?
どこか聞いたことあるような、、曲ではありました。
セントトーマスも二人でしたが、サックスの方が尊敬するソニーロリンズを思ってとのことでした。
で、3曲目から女性ボーカルが登場です。
いきなり歌から始まって、結局曲名の説明なし。
曲名をメモしていたのですが、ジャズに詳しくない私なぞわかるわけありゃしません(笑)
これ黒顔羊さんが聴かれていたら一発でわかるんだろうなぁって思いました^^
Commented by getteng at 2018-07-02 17:19
keikoさん
NAT KING COLEのことで思い出したこと。
福岡支店勤務の時、彼が小倉(北九州)に来た時、チケットをいただいたのですが、
独身時代ですから連日の残業でぎりぎりまで行こうと思ったものの、
行けずに残念なことをしました。
こんなチャンスは滅多になく、くれた方には申し訳ないことをしたものです。
彼の来日公演は極めて少なかったかと・・・。
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-07-02 17:25
>gettengさん
先のコメントではわかったようなことを書いてしまいましたが、ネットで調べて確認したりです(笑)
gettengさんも青春時代はいろんなジャンルの音楽を楽しまれていたのですね。
テネシーワルツは実は江利チエミさんが歌っているのを聴いて知っているくらいなんです。
元々はカントリーなんですね。
っていってもカントリーウエスタンとか言うのもそうなのかなぁ。
なんでもテキトーな私で困ったモンです(笑)
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-07-02 17:37
>gettengさん
コメントを書いている間に度々のコメントありがとうございます。
なんとナットキングコールのコンサートに行けるチャンスがあったとですと!
日本にも来られていたのですね~
それはそれは残念なことでしたね。
私はTVでアンフォゲッタブルを娘さんのナタリーコールがお父さんの映像とともに夢の共演をうっとりして聴いていたことが思い出されます。
そのナタリーコールも今は亡き人。。
もう一度聴きたかったなぁ。
Commented by getteng at 2018-07-02 21:03
keikoさん
C&Wが好きだったのは上級生にジミ-・時田や寺本圭一というC&Wの歌手がいた所為もあります。
時田は真面目にカントリ-だけをやっていましたが、
寺圭は平尾・山下・ミッキ-などとロッカビリ-に走り休学ばかりでした。
今や、当時のホンキ-トンク調のものは廃れ、
ナッシュビルサウンドという名のカントリ-になってしまいました。
それでも、ウィリ-・ネルソンなどはまだ正統派でしょうね。
テイラ-・スイフトなる女性歌手もカントリ-だといってますが、
果たしてそうなんですかね?
Commented by jiyuujinkeiko at 2018-07-03 07:14
>gettengさん
伝説のロカビリーですね^^
平尾昌晃さん、山下敬二郎さん、ミッキーさんなら知っています。
そういえば最近ミッキーさんをTVでお見掛けしましたね。
確か平尾昌晃さんの追悼だったんじゃないかな。
まだまだカッコよくてお元気そうでした。
私がカントリーというと思い浮かぶのはジョンデンバーあたりです。
ケニー・ロジャース、おっしゃられたウイリーネルソン、グレンキャンベル、リンダロンシュタットなどなど。
いや~よかったなぁ
でもテキトー人間の私はgettengさんみたいにルーツなど詳しくなくて。。
山下達郎さんがラジオで音楽の歴史的なことを話されたりするので(一時期ファンクラブにいたくらい)なるほどと知識を仕入れたりです。
by jiyuujinkeiko | 2018-07-01 06:00 | 音楽 | Comments(10)